普段使いのグルメガイド

Tシャツやジーンズで気軽に利用できる、主に都内の人気店やチェーン店の紹介サイト

佐野ラーメン「田村屋」麺屋ようすけの修行元、アツアツな一杯

佐野ラーメン田村屋のラーメン


2016~2017年中に栃木のご当地ラーメン、

佐野ラーメンのお店を食べ歩きました。

 

今回は、人気店「麺屋ようすけ」さんや

「青竹手打ちラーメン日向屋」さんの

修行元、「田村屋」さんを紹介します。

佐野ラーメンの特徴

トップ画像は、イベントの開催日に

こちらのお店でいただいた、デフォルト

のラーメンです。

 

佐野ラーメンは、優しい鶏ガラスープや

すっきりした豚骨スープに、青竹手打ち

のピロピロした平麺が漂うのが特徴。

 

チャーハンや餃子などサイドメニューの

合い間に、スープを啜るかのように

ラーメンを啜ると、より美味しい。

 

佐野ラーメン田村屋のラーメンと餃子


グルメ的な意味合いの「美味しい」とは

ニュアンスが若干異なる、いつでも

変わりなく美味しい「常食」の美味しさ。

 

日が経つうちになんだかうっすらと、

食べたくなってしまう類のラーメンです。

お店へと向かう情景から語りましょう。

情景

 

♢♦♢ subtitle:春の訪れ

 

3月の半ば、佐野に出かけた。

 

「今日は4月頃の陽気になりますよ」と。

嬉しそうに話す気象予報士の顔を、

横目に見つつ身支度をする。

 

電車に揺られ、館林を過ぎると。

茶色い土がただ広がるだけの景色が

変わり、若々しい草の緑が目に映り

はじめた。

 

「そうか、この辺りは二毛作地帯だから。」

誰にともなくそうつぶやく。

 

ほんっとうに空が快晴に近い!

濃い青の川面、薄い青の空に白い雲。

はるか向こうの山の上には、

雪の白が見える。

 

渡良瀬川の土手には、黄色い菜の花が

咲いている。

黄色はやわらかい気持ちになれる色。

 

 

今年もまた、この一面黄色の景色を

見ることができた。

嬉しさが胸にじーんときて、鼻の奥が

ツンと痛くなる。

 

軽やかに揺れ続ける電車。

明るい日が差し込んできて、少し汗ばむ

くらいなあたたかさの車内。

 

ドアが開いて駅のホームに降りたとき。

すっと空気が入れ替わり、爽やかな風が

私の頬を撫でた。

 

春の訪れを肌で感じる。

チャーシューメン (並)

チャーシューメンの値段をネットで

調べたところ、現在は税別889円らしい。

 

幅3㎜程度の平打ちで不揃いな麺は、

麺端がしっかりした稲庭うどん風で

白い色をしています。

 

ストレートに近いゆるいウェーブで、

かための茹で加減。食感はもっちり。

厚みもありしっかりしているので、

他店の麺に比べて重量感を感じました。

 

佐野ラーメン田村屋のチャーシュー麺

 

スープは動物系の出汁に厚みがあり、

程々な醤油感。他店に比べると若干

濁りがありますが、オイリーさはなく。

 

アツアツで冷めにくく、深い甘みが

記憶に残るスープ。

 

佐野ラーメン田村屋のラーメンスープと麺

 

具材について書きます。

巻いていない形状のバラチャーシューが

5枚。6×4㎝程度の大きさで厚みがあり、

肉肉しい。塩の下味を感じました。

 

メンマは柔らかめで、濃くない味付け。

他には刻み葱が少々。

餃子 (一人前)3個

餃子の値段は、現在税別268円のよう。

 

家庭用の冷凍餃子より一回り大きく、

厚みは倍くらいあります。

もちコロっとした見た目でした。

 

皮はもっちり食感。餡はキャベツ・

ニラ・ニンニクなど野菜がほとんどで、

肉少なめなタイプの餃子です。

 

佐野ラーメン田村屋の餃子

 

ラーメンの麺同様、存在感のある皮。

ニラの風味が強く、野菜の甘みと下味の

ラー油を感じる餡でした。

 

卓上調味料は、濃口醤油お酢・七味・

唐辛子入りラー油・ブラック&ホワイト

ペッパー。

 

濃口醤油を多めにつけ、唐辛子入りの

ラー油もつけていただきました。

あっさりのこってり寄り

佐野ラーメンでも、あっさりスープと

こってりオイリーなスープのお店が

あります。

 

このお店はあっさり系で、こってり寄り

な印象のスープでした。

 

麺の存在感が強くてスープには甘み

があり、冷めにくいアツアツの一杯。

スープのあぶら感は、人気店の大和さん

と同じくらいな印象でした。

営業時間

平日  11:00~14:30、17:00~20:00

    二部制営業

土日祝 11:00~20:00まで

ただし、麺・スープなくなり次第終了。

 

定休日は水曜日。祝日の場合は営業し、

翌日がお休みになるとのこと。

 

田村屋
〒327-0842 栃木県佐野市奈良渕町302
1,000円(平均)

r.gnavi.co.jp

 

店内は完全禁煙。入口前には灰皿が

ありました。

店内の様子

カウンター席・テーブル席・お座敷

構成のお店です。

テーブル席では、相席にならないよう

配慮のある案内がありました。

 

店内の壁には「一麺一心」という

言葉が飾ってあります。

 

男女数名の店員さんでの切り盛り。

厨房の様子を見るに、家族経営+α?

なお店なのかなと思いました。

 

親爺さんっぽい方がいらしたけれど、

メインのラーメン作りは若い男性店員

さん、息子さん風な方でした。

メニューについて

【ラーメン価格】

※2019.3.の価格、税別です

 

◉ラーメン         611円

◉チャーシューメン     889円

◉メンマラーメン      731円

◉ニンニクラーメン     713円

◉ワンタンメン       824円

◉ワカメラーメン      731円

◉白ネギラーメン      815円

◉赤ネギラーメン      815円

◉塩ラーメン        648円

◉辛つけ麺         815円

 

麺大盛りは130円増し、半麺は93円引き

 

ラーメンのほか、餃子などのおつまみ・

飲み物・おみやげ・ソフトドリンク・

アルコールドリンクなどがあります。

 

ライス139円、チャーシュー丼333円など、

ご飯ものもメニューにありました。

駐車場とキャパシティー

食べログ情報によると、駐車場はお店の

前に9台と、30m先の店裏に10台程度

あるようです。

 

佐野ラーメン人気店の中で比較すると、

キャパ的には中程度。

アバウトに見て40席弱でした。

 

佐野ラーメン田村屋の暖簾

 

電車利用でも駅から徒歩約10分程度と

比較的アクセスしやすいお店。

ただ利用の際は、電車の本数が少ない

ので気をつけてください。

通販やってます

田村屋さんのラーメンは、通販で試せる

よう。記事の投稿直前に知りました。

 

item.rakuten.co.jp

 

この「千客麺来・久保田」というお店の

Webページでは、人気佐野ラーメン他店

の商品も取り扱いしているようです。

 

お家で佐野ラーメンが食べられるのは、

嬉しいことですね。ご参考までに。

田村屋へのアクセス(2019.3.)

東武佐野線堀込駅東口 (佐野市子どもの

国方面)改札を出て左へ。

県道151号線を、県道16号佐野田沼線に

ぶつかるまで歩きます。

 

 

県道に出たら渡って左へ北上。

通りの向こうにお店が見えます。

駅徒歩約10分程度の距離でした。

2019.6.佐野市浅沼町に移転予定

田村屋さんは、2019年6月頃に佐野市

浅沼町に移転予定のようです。

 

移転後の場所は、同じ県道16号線を

両毛線より少し南下した辺り。

佐野市文化会館近くの場所のよう。

 

事前にお店の最新情報を調べて確認して

から、利用してくださいね。

あわせて読みたい

『おすすめ!【あっさり】が特徴な佐野

ラーメン人気店7店』というまとめ記事を、

過去に書きました。

 

↓ 画像をクリックするとページ移動します

 

あっさりスープの人気店、日向屋さん・

らーめん大金さん・麺屋ようすけさん

なども紹介しています。

興味のある方に是非どうぞ!

 

【2018.10.25.初投稿】【2019.3.22更新】

 

↓ よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村