普段使いのグルメガイド

Tシャツやジーンズで気軽に利用できる、主に都内の人気店やチェーン店の紹介サイト

東十条もつ焼き「新潟屋」お客とお店のいい関係!手頃な値段も魅力

東十条の新潟屋のホルモン味噌とチレ味噌


東十条駅から徒歩約4分程度の場所に

あるもつ焼き屋、「新潟屋」さん。 

 

近くの人気もつ焼き屋「埼玉屋」さん

同様、16時からの営業です。

1串税込み100円、注文は2串縛り

お安いのに、ボリューム満点な串!

串焼きは豚・鶏・野菜を提供していて、

来訪時はカモもメニューにありました。

 

ぐるなびさん情報によると、一品料理の

もつ煮込みなども人気らしいです。

 

r.gnavi.co.jp

 

2016年の秋にソロでお店を利用、

二回ほど伺いました。

1串の価格は現在も据え置きのよう。

営業時間など

食べログその他情報によると、

16:00~21:00までの営業。

定休日は土・日・祝日とのこと。

 

初訪時、口開け時の状況を書きます。

開店の10分程前に店前に到着すると、

ポツポツと人が集まって来ました。

 

開店直前には、7~8人並んでいた

かと思います。

店内の様子

炉端焼き居酒屋を思わせる店内は、

全面喫煙可のようです。

 

焼き台の周りにぐるっとカウンター席が

あり、壁際に幾つかテーブル席あり。

 

テーブルが相席利用だったのかどうか

は未確認。

 

親爺さん(大将)が焼き台の前に陣取り、

動きにキレのある「おかあさん」が

メインでホールを担当していました。

おかあさん

店内は盛況、くるくる休む暇なく

動き回るおかあさん。

 

注文は壁の木札メニューを眺めて、

おかあさんに声をかけるのですが。

呼び止めるタイミングが、

なかなか難しかった記憶があります。

 

↓ お通しの漬物はサービスだったかも

東十条の新潟屋の生ビールとお通し

 

余計な愛想は振りまかず、

ただ真面目に忙しさだけを さらりと

受け止めている風なのが、

愛らしく好ましい「おかあさん」。

 

他には、おかあさんと同年代のご婦人

店員さん達が、厨房とホールを行き来

していました。

串ものメニュー

もつ焼きのラインナップは、

 

◉レバ ◉シロ ◉タン ◉ハツ ◉ナンコツ

◉カシラ ◉コブクロ ◉ミノ ◉チレ

◉ホルモン など。

 

他には ◉カモ ◉ツクネ ◉トリや、

ネギやシイタケなど野菜もあります。

 

先にも書きましたが、注文は2串単位。

味付けは、塩・味噌・タレが選べる

ようでした。

一品料理メニュー

税込み300円の品が多かったです。

 

東十条の新潟屋の煮こみとポパイとエシャレットと豚ナマコポン酢

 

左上から順に

◉煮こみ ◉ポパイ

エシャレット ◉豚ナマコポンズ

各税込み300円。

 

煮こみは和風のすっきり味で、

お酒が進みます。

豚ナマコは、ボイルしたコブクロ

細かく切ってポン酢であえた品。

ドリンクメニュー

生ビールはサッポロでした。

瓶ビールの銘柄は未確認です。


グラスに「(ハイ)サワー」・

「(ハイ)ボール」と文字が縦に

書いてあるのです、このお店。

わかりやすくていいかも。

 

参考ページの「写真→ドリンク」の項を

開くと、画像が見れますよ。

 

ではそろそろ、美味しかった串ものの

感想をみっちり書きましょう。

チレ・シロ(味噌)

差し出された串はどれも、

焼いている親爺さんのイメージに

重なる。「実直さ」が伝わる串。

 

炭火で焦げた縁が、ありのままの自分を

存分に語っています。

 

東十条の新潟屋のチレ味噌とシロ味噌

 

画像上側の串、シロは鳥皮程にも

抵抗なくトロットロ~。しゅるんっと

喉の奥へ消え失せる。

 

味噌のおだやかな甘さとコクがプラス

されて、とても美味しい。

 

画像下側の串、チレは表面パリッと

焼けています。

頬張ると サクぐずっと崩れる食感。

 

チレそのものは、少し濃い目のハツの

ようで案外濃厚な味わい。

これは塩やタレでもいけるかも。

ハツ・カシラ(塩)

塩で注文した二品はどちらも、

肉感ジューシー。

画像手前のハツなんかもう、

ぶりんっぶりんの歯応え。

 

東十条の新潟屋のハツ塩とカシラ塩

 

塩で注文したのはこの二品だけでした。

ホルモン(味噌)

ほわん サクッ とろんっとした食感の串。

コクが出る味噌が良く合う。

 

東十条新潟屋のホルモン味噌の拡大画像

 

トップ画を拡大してみましたが、

具体的な部位はわからずじまい。  

 

後日どこかの焼肉屋で食べた

チチカブ(乳房)」似で、

ミルキーな味わいのモツでした。

カモ・シロ(味噌)

これもまた美味しかったなぁ~。

 

東十条新潟屋のカモ味噌
 

このお店、あぶらが程よくのった串は

味噌味が合うと思います。

馴染み客の心遣い

長年の経験の積み重ねで、

安定した焼き加減の串を提供し続ける

お店なのだろうなと思いました。

 

何よりもいいなと思ったのは、

常連と思しきお客さん達の振る舞い。

 

店員さんは親爺さんを始め、

どなたもそれなりにお歳を召した

方々です。

 

盛況時には、注文するのに声掛けの

タイミングがなかなか掴めない

場面もありました。

心に灯りがともるお店

店内で掛け合うように注文が

飛び交う頃合いになると、

お客が一人二人と席を立ち、

会計を済ませて店を後にします。

 

「(今日は)ご馳走さま、

 また来ます。」

「いつもありがとうね。」

 

のようなやり取りが、おかあさんとの

間で小さく交わされていました。

 

私はこういうお店が好きです。

見ていて心にぽわっと灯りがともる。

 

なかなか行く機会がないけれど、

いつかまた伺いたいと思います。

昼飲み出来るもつ焼き他店

同じく1串100円でも、1本から注文

できるもつ焼き屋をご紹介します。

こちらは昼飲みが出来るお店です、

ご参考までに。

 

cotton-100.hatenablog.com

 

他にも紹介したいお店がありますが、

私は純米酒好きなので、まずは

このお店から記事を書きました。

新潟屋へのアクセス

JR東十条駅南口から徒歩約4分程度の

場所にお店はあります。

 

 

南口駅改札を出たら左方向。

十条駅へ行くのとは逆方面に進みます。

 

坂を下りて行き、どら焼きで有名な

草月さんの前の信号を渡ります。

先の交差点「北区保健所」を左へ。

 

角から二軒目、水車小屋風な外観の

お店です。

 

↓ よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村