普段使いのグルメガイド

Tシャツやジーンズで気軽に利用できる、主に都内の人気店やチェーン店の紹介サイト

横浜の行列店「鶏喰」 表情豊かな麵、香る醤油のあっさり鶏ラーメン

らーめん鶏喰の鶏醤油ラーメン


横浜市営地下鉄ブルーライン

吉野町から徒歩すぐの場所にある、

鶏出汁スープのラーメン店です。

 どんなお店?

 「鶏を喰らう」と書いて、

TRICK(トリック)】と読むらしい。

 

鶏の風味がケッコー満載なスープで、

醤油ラーメンが美味との事前情報。

 

来訪時の食べログ評価は3.94と高く、

ラーメン百名店EAST2017・2018にも

選出されたお店です。

 

店前にいつも行列があるらしき人気店。

以下は、2017年9月来訪時の感想です。

アクセス情報

横浜市営地下鉄ブルーライン

吉野町駅が最寄り駅。

 

3番出入口から徒歩約1分程度の場所に、

お店はあります。

 

 

出入口、地上に出たら右方向へ進みます。

 

目の前の「吉野町3丁目」交差点を

渡らずに右折すると、手前の角にすぐ

白い看板のお店を発見しました。

お店情報

開店15分後頃に到着したのですが、

お店の前には約6名が並んでいました。

頃合い良く店員さんから案内があり、

15分程並んで待ったのちに入店。

 

Twitter情報によると、月曜日が定休日。

営業時間は、

火~金 11:00~14:00 18:00~21:00

土日は 11:00〜15:00 (昼の部のみ)

とのことです。

 

来訪の際はTwitter情報を確認してから

行くほうがいいと思います。

材料切れによる早終いなどの案内が

細かくあるようです。

店内の様子

こじんまりとしたカフェイメージな

お店でした。色調は白が基調で、

ところどころにブラウンを使用。

 

男性店員数名での切り盛り。

BGMはメロウなボーカルジャズ。

 

入口付近に4人掛けテーブル席が1卓、

相席利用のようです。

奥へと伸びる縦カウンター席がメイン。

メニューについて

券売機はないお店。口頭で注文し、

会計は退店時に済ませます。

 

ラーメンは3種類あります。

◉鶏醤油 / ◉鶏塩 / ◉鶏鰹醤油

税込み800円~の価格設定。

麵大盛りは1.5玉分でプラス100円。

 

来訪時、ご飯ものは4種類ありました。

 

らーめん鶏喰のメニュー


トッピングは画像のとおり。

アルコールメニューは、

エビス(中瓶) 650円と

アサヒスーパードライ(中瓶) 550円。

 

らーめん鶏喰のトッピングとドリンクメニュー

 

店内の特徴・卓上調味料

狭い空間を有効に使うための工夫が、

店内の随所に見られます。

 

カウンター下にはティッシュボックスが

逆さに設置してあり、椅子座面の下には

荷物置きの棚板が設えてありました。

 

太くて長い爪楊枝と竹製?の箸。

卓上調味料は、激辛注意の唐辛子と

ブラックペッパー。

 

らーめん鶏喰の卓上調味料

 

味玉 鶏の醤油ラーメン 

税込み900円の品です。

ラーメン・ご飯もの共に、

背の高い シュッとしたすり鉢状の丼で

提供されました。

 

らーめん鶏喰の鶏醤油ラーメンとチャーシュー丼


丼に顔を近づけると。醤油のかぐわしい

香りがして、美味しさを予感させます。

 

香る醤油ダレの正体は、数種類の

ブランド醤油でした。

 

  石川県金沢「ひしほ」・和歌山の
  野尻醤油を軸に、香川丸島醤油も使用
  烏賊魚醤も合わせた醤油ダレ。

 

情報出典:メニュー冊子から一部抜粋

 

 

 ◇スープ

  ひと口啜ると、まず鶏油が

  とろっと舌に触れる。

 

らーめん鶏喰の鶏醤油ラーメンのスープ

 

  雑味のないクリアな鶏出汁と、

  まろやかでコクがある芳醇な醤油を

  合わせたスープ。

 

  出汁素材には地鶏の丸鶏のガラ等を
  2種類使用。火加減をこまめに調節、
  純水で一定時間煮出したスープ。

 

  情報出典:上記と同様

 

  醤油の香ばしさが際立つスープ。

  飲み下すと、ほのかに香るような

  酸味を後味に感じました。

 

  いずれかの使用素材に、酸味を含む  

  ものがあるのでしょうか。 

 

  「複雑な醤油味の鶏ラーメンだな」と

  思ったことを覚えています。

 


 ♢麺

  ハイグレードな「春よ恋」他、

  3種の小麦をブレンドした麺とのこと。

 

  ↓ 説明文は画像下側です。

らーめん鶏喰の麵の説明


  2㎜程度のストレートな細麺。

  スルスルと喉越しが良く、

  噛むと小麦の密度を感じる麵。

  主張が強いスープとの相性がいい。

 

  表面はゆるめだが、芯はしっかり。

  その食感のコントラストが、

  いい表情を作り出しています。

  好みな麺でした。

 


 ◇具

  鶏チャーシュー・ローストビーフ

  チャーシューが一枚ずつ。

  軟骨入りの鶏つくね・海苔・

  九条葱・半熟の味玉が一個。

 

らーめん鶏喰の鶏醤油ラーメンの具


  しっとり食感のローストビーフ

  チャーシューと、生姜味の

  鶏つくねのコリコリ食感を

  記憶しています。


  全体的に派手さはないけれど、

  それぞれに作りの良さを感じる。

 

  卵は、産地直送の千葉県産

  「紅孔雀」。

  九条葱は、京都の契約農家さん

  からの直送品らしいです。

チャーシュー丼 

  税込み380円の品です。

  さいの目切りの鶏チャーシューや

  ローストビーフチャーシューを、

  中華寄り?塩ダレの

  鶏そぼろあんかけで和えた丼。

 

らーめん鶏喰のチャーシュー丼

  具のチャーシューには葱類と、

  キャベツの千切りが少量

  混ぜてありました。

 

  ご飯の量は茶碗一杯弱程度で、

  大人しめな味付けの辛くない丼。

 

  スープの味わいから考えると。

  個人的には「あさりご飯」を選び、

  雑炊風にして食べてみたかった

  です。

思ったこと

このお店は、食べログでの採点分布が

3.5~3.9の間と4.0以上とのほぼ二層に

評価が分かれています。

 

食べてみて納得がいく感じでした。

個性豊かなブレンド醤油のスープは、

若干好みが分かれるところなのかも

しれません。

 

でも。ラーメンファンだけでなく、

おそらく誰にでもフィットする

ラーメン。


そこそこに満足感を得られるの

だろうと思います。

注文選びのヒント

注文した鶏醤油ラーメンは、

まろやかで香りの立つ醤油味。

後味に、ほのかな酸味を感じる

ようなスープのラーメンでした。

 

来訪前に是非一度、イメージして

みてくださいね。

 

個人的には、また行きたい!と

思うお店です。

 

↓ よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村