普段使いのグルメガイド

Tシャツやジーンズで気軽に利用できる、主に都内の人気店やチェーン店の紹介サイト

十条「だるまや餅菓子店」甘く熟したフルーツと、ふわさら天然氷のかき氷

十条のだるまや餅菓子店の完熟ももかき氷

 

十条駅北口から徒歩約4分程度の場所

にある、「だるまや餅菓子店」さん。

フルーツかき氷が目当てで、

お店を訪れました。

来訪動機

つきたてのお餅や餅菓子、

その他甘味を提供するお店です。

 

かき氷を通年提供しているらしく、

特に風味のよい宇治抹茶のかき氷が

人気と聞いていました。

 

十条のだるまや餅菓子店の抹茶かき氷メニュー

以下は、2017年8月と2018年7月に

食べた【フルーツかき氷】の感想。

アクセス情報

JR埼京線十条駅北口から、徒歩約4分

程度の場所にお店はあります。

 

 

駅を背にし、駅前ロータリーの右側を

歩きます。

 

現在、正面に三井住友銀行十条支店

がある横の通り、「十条銀座」を

右へと入る。

 

アーケード商店街をしばらく歩くと、

右側二本目の路地の先にお店を発見。

 

十条のだるまや餅菓子店の外観


現在、お店の2軒手前には「竹島書店」

さんがありますので目印に。

どんなお店?

Twitter情報によると、昭和22年創業。

手作りの味、無添加、オーガニックに

拘るお店らしい。

 

現在は蔵元八義さんの天然氷使用の、

かき氷を提供しているのだそう。

 

再訪時店員さんに伺ったところでは、

店内営業時間は10:00~18:30まで。

 

定休日は火曜日ですが、

祝日などは営業しているとのお話。

取扱い商品について

店先では、おこわ・団子・水ようかん

等を販売しています。

 

↓ 「餅菓子店」だけに名物は団子!

十条のだるまや餅菓子店の裏名物メニュー


店内メニューはかき氷の他、

いなり寿司やのり巻きなど

お食事メニューもあるようでした。

店内の様子・雰囲気

テーブル席のみのお店です。

4人掛けのテーブル席が7卓。

2人掛けテーブルが1卓ありました。

 

家族経営店ならではの雰囲気が

あるお店です。

 

「おとうさーん、お会計お願い。」

「はいよ。」

なんてやり取りのほか。

 

若旦那さんが、提供商品について

熱く語るのを聞くこともできます。

 

話がより熱を帯びてくると、

厨房にいる店員さん(お母さま?)

から、小気味よく合いの手が

入ったりもして。

 

たわいのないコントのような会話が

続き、かき氷を食べる合い間に

私はくすっと笑いました。

かき氷の種類

抹茶の他、コーヒー・ワイン・

他、フルーツかき氷のメニューが

あります。

 

他店同様純氷での価格表示、

天然氷は+100円とのこと。

 

十条のだるまや餅菓子店のかき氷メニュー


「別格」と商品名に枕の付く

宇治抹茶シリーズは

税込み3000円前後します。

 

↓ 珈琲かき氷の説明

十条のだるまや餅菓子店の珈琲かき氷メニュー

主な商品価格帯

税込み980円〜1500円前後の

価格の品が多数ありました。

 

最安値のかき氷は、税込み700円の

【氷ミルク】。

 

十条のだるまや餅菓子店のかき氷と飲み物メニュー


個人的には税込み880円の

【氷あずき】が気になりました。

有機栽培でオーガニック砂糖を

使用した商品らしい。

 

フルーツかき氷のラインナップは、

仕入れの加減で日毎に入れ替わりが

あるようです。

記事の最後の方で紹介しますね。

注文したもの

 ◉完熟ももかき氷

 税込み1500円

 +天然氷100円

 計1600円

  注文時に「本日は天然氷のみ。」

  との説明がありました。

 

  直径20㎝程サイズの器での提供。

  色は銀色でとても軽い材質。

 

  かき氷の高さは10㎝程度で、

  とても素朴なビジュアルです。

 

十条のだるまや餅菓子店の完熟ももかき氷


  ふわさらっとした氷の上に、

  2㎝角程のカットの【もも】が

  こんもりと盛ってあります。

 

  【完熟もも】の品種は、

  表面の舌触りがとろっとしつつ、

  思いがけずしっかり食感の果肉。

  さっくりと歯切れました。

食レポ-ト

  ひと匙すくって口に含むと。

  【もも】のフレッシュな香りが

  匂い立ち、まず熟した実の甘さが

  前面に立つように感じます。


  裏に ほんのりと酸味が後追いで

  現れ、飲み下すと消えました。  

 

十条のだるまや餅菓子店の完熟ももかき氷の氷

 

  蔵元八義さんのものらしき

  天然氷は、きめ細やかでさらさら

  な削り加減。口どけが優しい。   

 

  涼しさが、抵抗なく体に

  浸透していきます。 

他店とは違う方向性の品

食べている途中で若旦那さんから、

「うちのかき氷は他のお店のとは

少し違うから、甘さ大丈夫ですか?」

とお声かけいただきました。

 

確かに方向性が全く違います。

【フルーツかき氷】は蜜の甘さ

ではなく、フルーツの甘さで

食べさせるかき氷。

 

甘く熟した旬のフルーツに、

相性抜群な削りの氷を添えていただく

シンプルな作りの品でした。

旬フルーツの自然な甘さ

私は、谷中のひみつ堂さんのように

練乳を使わずとも蜜があまい

かき氷も好きです。

 

でも、蜜よりも旬フルーツの自然な

甘さにより惹かれるほう。

 

ちなみに。ひみつ堂さんは、

今年は店内に弱冷房をつけて

営業しているらしいです。

 

7月25日放送、日テレ系の情報番組で

ご店主が話してらっしゃるのを

観ました。

 

↓ こだわりの【一滴煎茶】も裏名物!

十条のだるまや餅菓子店の裏名物メニュー

初訪時の【いちじくかき氷】

初訪時に【いちじくかき氷】を

食べた時、店員さんから、


「契約農家直送のいちじくなので、

甘~くて皮まで食べられますよ。」

との説明がありました。

 

我が家は、普段から旬フルーツの

お取り寄せなどを利用する

習慣がないもので。

 

これまでに一番美味しかった

【いちじく】の記憶が、

あっさり塗り替えられた感が

ありました。

 

◉【いちじくかき氷】税込み1300円

 +天然氷100円 計1400円

 

十条のだるまや餅菓子店のいちじくかき氷

【フルーツかき氷】の種類

人気の抹茶かき氷も食べてみたい

気がしますが。

 

マンゴーやパパイヤなど

南国フルーツのメニューも見かけ、

私はそちらに惹かれてなかなか

食べられないのかもしれない。

 

↓ 2018年7月再訪時の黒板メニュー

十条のだるまや餅菓子店の黒板メニュー


平日11:30の来訪で完売品が幾つも!

提供数が少ないのかもしれない。

 

十条のだるまや餅菓子店の黒板メニュー


時期をみてまた利用したく思う

お店です。

 

↓ よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村