普段使いのグルメガイド

Tシャツやジーンズで気軽に利用できる、主に都内の人気店やチェーン店の紹介サイト

「御徒町西口やきとん」皿ナンコツやレバ串をつまみつつ純米酒を飲む

西口やきとんのレバとシロ


浅草橋にある人気のもつ焼き屋、

「西口やきとん」の支店で昼飲み。

御徒町駅近くの場所にあります

来訪動機

ご存知な方も多いお店と思います。

私も以前に本店を利用したことが

ありました。

 

一串100円からの提供で、

立ち飲み座り飲み利用の選択が可能。

ソロ利用でも色々な種類の串が

食べられるのが魅力と感じていました。

 

総武線利用の前日に、

本店に行くべくお店のHPを確認し、

支店の開店情報を知りました。

 

以下は2017年12月下旬来訪時の感想。

アクセス情報

位置的にはJR御徒町駅高架脇の

アメ横本通りの隣、湯島側に一本入った

路地にお店はあります。

 

駅北口改札を抜け左、春日通りを渡る。

 

 

数えて2本目の路地、現在「かつや」と

ジーンズメイト」の間を右へ入り、

左角から4~5軒目のビルがお店です。

駅徒歩3~4分でたどり着きました。

お店情報

こちら支店は12:00〜23:00の営業で、

昼飲み利用もできるようです。

 

退店時に店員さんから伺った話では、

お店は1階~3階まであるらしい。

2階にはテーブル席があり、

3階は私が訪れた日はまだ工事中

との事でした。

 

予約も受け付け予定とのことで、

グループ利用に向くのかなと思います。

店内の席構成など

1Fフロアは、全面喫煙可のよう。

立ち飲み(カウンター&テーブル)と

テーブル席の構成。

 

入口入って左側に焼き場と、15名弱

立てる位の立飲みカウンターが

ありました。

 

右側には壁に向かって利用する

立ち飲みカウンターテーブルが幾つか。

6名位は立てるかな?と思いつつ奥へ。

 

店の奥には、ざっくり4名は座れる

テーブル席が3卓はあったかも。

予備のパイプ丸椅子を追加して

もっと座ることも出来そうでした。

 

足元には、浅めなプラスチック製の

荷カゴあり。

その他店内の様子

トイレは店の左奥に、男女別の個室が

あるようでした。利用はしていません。

 

一見して、狭めな場所で人が並べない

ようなので、遠目で利用者の有無を

確認出来る造りのように見えました。

 

駅近な場所で狭めな店内。

混雑防止と動線の確保、必然ですね。

メニューについて

全て税別表記。

つまみは、定番メニューと

ブラックボードメニューがあります。

 

串ものは1本100円・150円・200円の

価格設定。

 

西口やきとんの串焼きメニュー

 

皿ものの価格はだいたい300円位。

 

西口やきとんの一品料理


他には、17時まで提供の数量限定、

日替わり丼500円3種類がありました。

ブラックボードメニューは撮影を失念。

 

西口やきとんのブラックボードメニュー


ドリンクの種類については、

画像をご参照ください。

 

西口やきとんのドリンクメニュー

 

西口やきとんのドリンクメニュー


地酒や本格焼酎を色々選べるのがいい!

串もの

 6串を注文。

 味付けはタレか塩か選べるとのこと。

 

 タレは甘辛く濃くてパンチがあり、

 塩は旨甘な塩味でした。

 

 

 ◉レバ 税別100 円

 

西口やきとんのレバとシロ

 

  タレで注文。

  ホワホワに焼き上がった

  豚レバ本体の味わいはあっさり。

 

  小ぶりですが立体感ある肉片、

  サクサクと歯切れます。

  鮮度良好と感じました。  

 

  本店では以前、レバー生食規制前に

  串刺しのレバ刺しメニューを

  提供していたと記憶しています。

 

 ◉シロ 税別100円

  タレで注文。脂の少ない鶏皮みたい、

  ふわっとしてカリッと。 

  弾力がご馳走でそこそこに好み。

 

 

 ◉ハラミサガリ 税別200円

 

西口やきとんのハラミサガリ


  タレで注文。

  噛みしめて旨味の余韻を堪能。

 

 

 ◉タンスジ 税別150円

  タレで注文。画像は失念。

  肉肉しいのにさっぱりしていて、

  充足感のある串。

 

 

 ◉タン 税別150円 

 

西口やきとんのタンとハツ

  塩で注文。

  肉片は4つ串に刺さっていました。

 

  ぶりぶりでグムグムッと噛むような

  弾力の串。

  旨甘な塩の効果か、

  噛むと旨味をぎゅっと感じる。

 

 ◉ハツ 税別150円

  塩で注文。

  肉汁を閉じ込める焼き加減。

  ぶりっぶりでサクサクの食感、

  噛むと旨味がじわじわと広がる。

 

☆ワンポイント感想

どれも小ぶりな串ですが、

肉片は立体感があります。特にレバ。

 

全体的にどの串も火入れがしっかり目、

安心して頬張ることが出来ました。

皿もの

 3皿注文しました。

 

 

 ◉皿ナンコツ 税別300円

 

  直径12㎝程の小皿での提供。

  辛子が添えてあります。

 

西口やきとんの皿ナンコツ


  ナンコツといえどほぼ肉、固くない。

  醬油ベースで煮てありました。

 


 ◉フランスパン 税別100円

  皿ナンコツをこれにのせて

  食べるべく注文。

  ナンコツよりも少し小さい、

  串ものと同サイズの皿での提供

 

西口やきとんのフランスパン

 

  直径8㎝程度の小さいフランスパンを

  半分に切ったものが3つ、

  串に刺さっていました。

 

  表面には、クレイジーソルト風の

  調味料が振ってある。

  小さいけれどカリッと焼けていて、

  密度のあるパンでした。

 

 

 ◉蒸し牡蠣 税別300円

 

西口やきとんの蒸し牡蠣

 

  ブラックボードメニューです。

  旨味を増したポン酢醬油味。

  もみじおろしは、辛みの耐性が

  ない方にはご用心と思う辛さ。

 

☆ワンポイント感想

人気メニュー皿ナンコツや塩煮込みは、

ハーフの設定があると嬉しいかも。

 

ドリンク

2杯注文しました。

 

 ◉生ビール(中)税別400円

  銘柄はアサヒ?かな。

 

 ◉上喜元 純米吟醸 超辛

  税別450円

 

西口やきとんの純米酒

 

  冷やでの提供です。

  一合升よりひとまわりは小さく

  感じる升の中に、ラッパのグラス。

 

  双方こぼれんばかりになみなみ注ぐ

  「もっきり(盛り切り)」

  スタイルでの提供です。

 

  ややとろりとした飲み口で、

  香りが気にならないタイプ。

  すっと入ってまず甘さを受け止め、

  すぐビシッとぐっと辛くなり好み!

気付いたこと

のちに本店メニューを確認してみて、

気付いた事を2つ書きます。

 

①皿ものメニューが本店よりも

 100円程度高い。

 → グループ客向けで一皿の量が

  多いのかもしれないです。

 

②ドリンクメニューが豊富。

 こちら支店は、本格焼酎や日本酒が

 複数メニューにありました。

 → メニュー画像をご参照。

感想

約1時間半程度、気持ちよく滞在。

会計は、串もの6串・皿もの3皿・

ドリンク2杯を注文し、計2592円。

 

一人でもグループでも、昼から気軽に

利用できるのが魅力と思いました。

 

純米酒でもつ焼きが食べられて

しかも昼飲みができるという、

個人的にはヒットなお店。

 いずれまた利用してみたいと思います。

 

↓ よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村